アスペルガー症候群に向かない仕事

アスペルガー症候群に向く仕事もありますが、向かない仕事に就かないことが大事です。こだわりが強いため向かない仕事に就くと、その仕事のルールを大きくはずしてしまうこともあるようです。同じ仕事を続けていれば、そのうち慣れるということはなさそうです。安定的に仕事を続けていくためには、この病気の特性を知っておく必要があります。

アスペルガー症候群の人に向かない仕事としては、相手に合わせて対応を変えなければならない電話応対の多い仕事や、他人の気持ちを想像しながら働かなければいけない接客業などです。人とのコミュニケーションが苦手なアスペルガーの人にとって、精神的にキツイものとなるでしょう。この病気に対して理解のない職場で働き続けることはストレスになり、仕事に大きな支障をきたすことがあります。

ほかに、その場その場で個人の判断が必要になる営業職や、臨機応変に書類を作成しなければいけない部署などに向かない場合があります。仕事内容がほぼ決まっていて、ルーティンワークの多い部署などに向いているようです。上司は、自分の部下がアスペルガー症候群だとわかったら、向かない職場から向く職場へと移動してあげることで、本来の持ち味が活かせるようになるでしょう。